シティコネクション公式ブログ

 シティコネクションの新作ゲームや、ゲームミュージックレーベル『クラリスディスク』の最新情報をお知らせします

そるだむ 開花宣言

雑記

『九龍風水傳原聲音樂專輯~クーロンズ・ゲート オリジナルサウンドコレクション~』~おはじめ式、ニコ生放送まで

久々のブログ更新です。
クラリスディスクプロデューサーの吉川です。

6月28日(土)のおはじめ式へご参加頂きました皆様、ニコ生視聴頂いた方々、そして翌日発売されました『九龍風水傳原聲音樂專輯~クーロンズ・ゲート オリジナルサウンドコレクション~』お買い上げ頂きましたお客様、また、全ての関係者一同、皆様方のおかげて素晴らしいイベント、そしてサウンドトラックの発売を行うことが出来ました。

改めまして、お礼を申し上げます。
ありがとう御座いました!

そして、今回のサントラの企画意図、リレー実況、イベントまでの簡単な思いをお話させて頂ければと思います。

さて、ご存じの方も多いと思いますが、「クーロンズ・ゲート」サントラ、クラリスディスクにしては新し目じゃないか?ましてやプレステ!と思っている方も多いと思われますが、今回言いだしっぺはうちの有田です。
そして、今後末永くゲームサントラを発売するにあたり、「いつかは32ビット機も」とは考えておりましたので良い機会だったと思います。

とにかく有田が、「出したい出したい」と言うので、ダメもとで問い合わせて話を進めていくうちに、SMEの方がとても私たちのお話に興味を持って頂けて無理難題をなんとか社内でまとめて頂くことが出来、企画がスタートした、という序章になります。

改めて、SMEの皆様方、ありがとう御座いました!

そんな中、私も途中でかなり本気になっていきながらも、大変な仕事に首を突っ込んだなーと思いはじめ、トラブルに次ぐトラブルや次から次へと起こる仕様変更、お祭り好きな社員、関係者による横展開など、うちの規模ではどうにもならないぐらい止まらず大きくなっていく「クーロンズ・ゲート」を資金面も含めてコントロールするだけで精一杯で、正直クラリス作品では珍しくディレクションは有田のみです。
枠組みはいろいろと決めましたが、音質面と収録関連以外は、全て「有田俊」のプロデュースと言って良いのではないかと思います。

そして、出来上がった3枚組サントラ、技術的、仕様、全ての面から出来る最大限を集約した作品になったと自負しております。
トラックのまとまり、音声やSEが含まれる曲なども御座いますが、現在、過去のSME様の社内全てから、退職された方の捜索まであらゆる手を施しても「現存する元データが無い!」という中から当時の開発環境を再構築し動いた企画であったことはこちらに記させて頂きます。


■発売に伴うイベント、ニコニコ動画リレー企画について



クラリスディスクが今まで行ってきた、ライブやトークショーはもちろんのこと、今「クーロンズ・ゲート」というカルト的人気を誇るゲームのサントラを復活させ、そして、クラリスディスクのテーマとする、古いタイトルの音源を復活させるだけでは無く、今の世代や触れたことのない方々にも、新しく体験して欲しい!という思いをクーロンズ・ゲートで魅せるには、やはり人が集められることができ、10代、20代のファンがたくさんみえて、発信力のある。
そう「ニコ生主」と呼ばれる人たちの協力を仰ごう!と決めました。

イベント自体は、クーロンズのサントラの発売自体が決まった1年前、TCKC-chの「フリマッピィ」さんにすぐに電話し、「発売決まったんで、イベントやります!」生主の方を集めて実況ライブやりましょう!という私の提案からはじまりました。

しかし、当初から「取扱いが非常に難しいタイトル」という認識は、クラリスメンバー、実況主皆が持っていました。
大半のお客様は、サントラの発売を待ち望んだガチ勢、おもしろおかしく知識も浅いまま、賑やかに実況することに抵抗があるだろう、だってさ、、、みんな17年も待ったんだよ、完全版サントラや関係者のトークを、でも今発売するにあたり、新しいお客様にもクーロンズを知って欲しい・・・ どうしよう。

そこで、イベント自体を1部~3部 と完全にステージを分けて、内容は独立させ、結果的にはそれを繋げ、正に陰と陽が交わるカオスな世界、関係者も参加しない自分達だけが考えた実況から入るクーロンズがあってもいいんじゃないか?
それが、今の若い世代や当時遊ぶきっかけが無かった人達にも遊んでもらえるなら、、と決断させて頂きました。

その結果、見せ方がとても難しかったであろうリレー実況を行って頂いた実況者の皆様、クラリスのメンバー、そして、編集に大変な時間や労力を使って頂いたTCKC-chの皆さんは非常に大変だったと思いますが、実況ファンの方も楽しんでいただけたようです。

また、クラリスには、「リレー実況でクーロンズ・ゲート知りました!」というお便り、そして、一番驚いたのは、当日イベントチケット取れているのに「実況からクーロンズを知り、今プレイしておりますが、クリアまでに時間がかかってしまい、EDのネタバレがいやなのでイベントにはいけません」というメールを頂いたときは、ビックリしました!「新世代が育ってる」と。いや、でもイベントは来て欲しかった(笑)

そして、2部、3部のトークやライブはクラリスディスクが昔からイベントでやってきた部分、抑えるところはしっかりと抑え、ご期待通りの内容でお送り出来たと思います!

昔からのファンの方からのお便りの方で驚いたのは、「CD男(有田)を雇用して下さってありがとう御座います!」という内容のメッセージ、ご両親かと思いました(笑)確かに一理あります、うん、私だけだと企画してなかったかもしれないです。

また、これは約束できませんが、会社としてクーロンズ・ゲートの別の試みも今後出来ればと思っておりますので、続報が出せるようならばCD男(今後は設定資料男らしい)のTwitter。クラリスディスクサイト等をチェックしてください。何も出なかったら無理だったということですが、サントラが出せて、関係者含めたイベントが出来ましたので頑張ります。

なお、イベント(1部~3部)の模様については07/05 23:59: まで
有料(800PT)ニコニコ生放送タイムシフトにて視聴可能です。
http://ch.nicovideo.jp/claricedisc/live/lv181999999
是非ご覧になって下さい。

リレー実況などはこちらからご覧ください!
http://ch.nicovideo.jp/claricedisc

それでは、クラリスディスクは、上半期嵐のように駆け抜けてきましたが、今年後半戦は前半戦以上に盛りだくさんですので、息切れしないように頑張ります。


最後に・・・ 来年の5月22日って、金曜日らしいですよ!

暴れん坊天狗音楽集にあの方のお名前が。。。何故!


hatsubai


皆様のおかげで「暴れん坊天狗音楽集- Rom Cassette DIsc In MELDAC-」非常に多くのご注文を頂きまして、なんと2013年の今!オリコンデイリー30位にランクインするという快挙を成し遂げました!

改めて、お客様、お取り扱い頂きました店舗の皆様、関係者各位、ありがとう御座いました!

そんな暴れん坊天狗音楽集ですが、CDケースディスク裏面にありますスペシャルサンクス欄にクラリスディスクではあまり見慣れないお名前が。。。

そう!一部お気づきの方も見えましたが、あの「並木学」さんにも今回収録にてご参加頂いております!
ご紹介頂きましたhallyさんにも感謝です。

具体的にどのようなサンクスを頂いたかと言いますと

■その1
暴れん坊天狗、簡単に書きますと、そのままの録音だと非常にノイズが多く、正直発売が決まってからもリリースを出すまで、このノイズの件が頭を悩まし、リリースに踏み切れなかった経緯があります。

なんとかしようと、クラリス内部でも試行錯誤しましたが、根本的な解決にはならず、お知り合いの「hally」さんに相談したところ、並木学さんをご紹介頂きまして、お話をさせて頂きました。

そこで、並木さんの方で

・「暴れん坊天狗」サウンドドライバのノイズレス化対応

を行って頂きました!ありがとう御座います。
技術的なお話は割愛させて頂きますが、暴れん坊天狗ノイズレス録音が可能になりました。

■その2
収録タイトル「読本 夢五誉身. 天神怪戦2」ですが、サウンドテストで鳴る音、ゲームプレイ中の音、ゲーム内に収録されている音、実は全て微妙に異なり、モノラルだったり、ステレオだったりと仕様が定まっておらず、統一させてステレオで録音することは、苦難の道になることをクラリス的に想定していました。

しかし、並木さんに相談させて頂いたところ

・「天神怪戦2」ステレオデータの再生対応

をおこなって頂きまして、一番良い形での収録が可能となりました。

もちろん、暴れん坊天狗も天神怪戦2もどちらもサウンドテストがありますのでそのままの録音でサクッと作業を終わらせることも可能でしたが、皆様のご協力を得て素晴らしい音、内容のサウンドトラックを完成させることが出来ました。

改めて、録音に協力頂きました並木さん、hallyさん、そして録音協力のbunさん
ありがとう御座いました。

もちろん、今の技術を駆使して試行錯誤してもらったマスタリング担当のAurtasにも大感謝です!
全波形バラバラで録り、個別EQ、ノイズ除去などなどもやりましたね!あれはあれでリリースしてみたい音だったりします。いつかそれも聞いて頂ける場があれば。。。

そんな並木さんhallyさんとは一昨日発表させて頂きました「東京ゲー大2013」にてご一緒させて頂きます!

深夜、第2部 並木さんDJステージでは、クラリスディスクアーケード新作アルバム中心のステージが繰り広げられる!?

皆さん、是非遊びに来て下さい!

よろしくお願いします。

クラリスディスクの収録機材


本日無事に「Rom cassette Disc In HOT-B」発売することが出来ました!
これもお客様、関係者様、スタッフのおかげです。
改めてありがとう御座います!

そんなこんなで、今週末には次回作の発表があったりします。
今年は昨年よりペース早めなリリース展開を目指しておりますので
ご期待下さい!

さて、たくさんのレーベル様が見える中、「ゲームサントラ」ってどうやって
収録、編集しているのだろう?とお思いの方も見えると思います。
最近のゲームですと、元々音源があったりなど(それはそれで別の作業がありますが)しますが、一から録音し、編集して、綺麗にして、曲名を付け・・・等々の作業が発生します。

そこで、不定期連載(3回ぐらいで終わりそう)にて、こういった流れを解説させて頂こうと思います。
また、あくまでクラリスディスクverなので、他のレーベル様や個人の方とは環境が違うかもしれません。
元々、始めた時から今まで全て手探りでしたので。。。そして、完成した音が全てで正解なんて無いのが、音楽ですよね。

■機材編
クラリスディスクの収録の多くは個人スタジオで行っております。
もちろん、元ソースはニューファミコンやメガジェットなどのゲームハードになりますが
こちらは、音の良し悪しとは別の意味でいろいろといじくっておりまして、本日は割愛します(笑)

まず、ゲーム機から音を出しそれを
プリアンプ兼DIに通します。
使用機材は
System 9098 DMA (AMEK) 
あのニーブが作った伝説的DIです。
ファミコンの音を通していいのだろうか(笑)

そして、次にDIからミキサーへ
使用機材は
Delta DLX (Soundcraft)
Soundcraft時代のセミヴィンテージ品です。
チャンネル数なんて無いのに。。。(笑)

ミキサーのRec OUTからADコンバーターへ
使用機材
Aurora(Lynx Studio Technology)
こちらは、ADコンバーターとしての使用もさておき、精度の高いマスタークロックを配給していたりします。
現代的なドンシャリサウンドというよりも、中帯域が美しいタイプの音です。
・マスタークロックについて

そしてADAT接続でオーディオインターフェイスへ
使用機材
2882 "DSPモデル(Metric Halo)

次にこれらの機材より音に違いの出るケーブルはBelden 88760などなど、自作。
ワードクロックケーブルはAS-808R

最後にノイズが天敵のゲームサントラで大切な電源ケーブルとタップはSAEC製です。
タップは・こちら

ということで、うちのエンジニアaurtasスタジオのクラリスディスク用環境はこのようになってます。

ここまで、「どや!」いろいろと紹介しましたが、ここまでたくさん通さなくても高音質のサントラは作れます!(笑)
ただ、少しずつの違いの積み重ねが大切なので、決して無駄ではありません。
特に電源やケーブルは重要!!

そして、出来の8割以上を占める!めちゃくちゃ重要な次回は、PC、ソフト関係のお話になります!
プラグインの紹介などもします。

興味の無い方は、すいません。続きます。

ナムコメガドライブ編イベントレポ〜2012年総括〜来年の抱負

ご無沙汰しております。

最近は「Rom Cassette TV」記事のみとなってしまっており、久々の通常更新です。
丁度、先週末は「星をみるひと」実況前編が無事?に終わり新年、後編の大変さを想像しながらの更新となります(笑)後編で無理なら発売近くに挟み込んででもなんとかしたいですね。

と、いうことで久々の更新は予約制&半シークレットで開催させて頂いた「ナムコメガドライブ編」イベントレポそして今年のまとめ、来年の抱負となります。

■「Rom Cassette LIVE 03」ナムコメガドライブイベント
至9月21日(金)20時〜
『Rom Cassette Disc In NAMCO BANDAI Games Inc.-メガドライブ編』シリーズのレコ発イベントということで、秋葉原「ナツゲーミュージアム」様にてクラリスディスク主催のトーク&フェリオス生実況イベントを開催致しました!当日は満員御礼!ご来場の皆様誠にありがとう御座いました!

●トークショースタート
※写真NGの為テキストのみになります。

ゲストとして●奈雲美徳/デンジャラスシード ●川元義徳/フェリオス・レッスルボール・バーニングフォース ●石井悦夫/マーベルランド ●佐宗綾子/ローリングサンダー2
という豪華顔ぶれ!今後集うことの無い布陣でお送りさせて頂きました。

皆様十数年ぶりに出会う方が見えたりし、そういう場面に遭遇するととても心が温まり、嬉しくなります!また、トーク内容は当時の思いでや秘話、収録タイトルに対する思い出などなど、貴重なお話ありがとう御座いました。

●チームロムカセがお送りするフェリオス生実況!

そして、イベント後編、通常の番組でお送りして来ました「フェリオス」実況3部作最終となる後編がスタート!大勢のお客様とゲストが見守る中マーブル先生やってくれました!無事クリア出来ました。それにしてもマーブル先生のイベント関連での安定感、盛り上げ場面の提供、には素晴らしい物があります!
また、この見せるゲームに対するバランス感覚は中々無いのでは?と関係者一同最近つくづく思いますが、プレッシャーはこれぐらいにしておき、この実況イベントですが、「Rom Cassette TV」をこのイベントで初めて知った方々が多く見え、またゲーム実況自体も初めてという方もちらほら、そんな皆様から「楽しかった!」「また見たいです!」という言葉を多く頂きとても嬉しかったです。

続いて
■2012年総括

今年は、ナツメ編発売〜バンナムメガドライブ編発売 と4枚のアルバムを発売させて頂きました!
去年と比べスロースペースですが、制作行程を見直し、クオリティアップなどを目指し、またINH様ナツゲーミュージアム様 といった企業様とも協力体制を敷けることとなり、来年へ向けた地盤固めが出来た年となり、充実した1年となりました!

ただ、番組コメントや直接お言葉を頂くことがある、「クラリスディスクのリミックスは出ないの?」ですが、個人的な思いはリミックス制作が一番楽しくもあり、大変であり、また超えるべくハードルがオリジナルアルバムの数倍高い物になり、当初のスケジュール通り進んでいない部分でもあります。

こちらは、クラリスのラインナップから外れた訳では無く、「発売出来る時期が来たらお届けします。」とだけの回答になりますが、そういう意味も含め、悔しくもあり、目標であったりもします。
ご期待の方には申し訳御座いませんが、次回告知が出来る日までお待ち頂ければと思います。

そして、イベントの方は、「ナツメレコ発」に始まり、ファーストイベントの保管「Rom Cassette Live1.5」東海道五十三次オールナイトイベント、また夏には「シューティングゲームサイド」トークショーにも出演、私もトークさせて頂きました。そして、先ほどのレポ「ナムコメガドライブ編」レコ発、「ゲームレジェンド出店」先週の「星をみるひと」ロング実況 と計6回特別な何かをお届け出来る機会がありました。
全てにおきまして、関係者、ゲストの方々、そしてお客様、ありがとう御座いました!

■そして、2013年〜

来年は初っぱな「Rom Cassette Disc In HOT-B」の発売が決まっており、その後も続々と発売スケジュールが埋まっております!
せっかくの来年を語る場なので、少しお話しますと、クラリスディスクのレーベルラインに新シリーズが登場する予定です! そして企業様とのコラボも進行中!、またあのクラリスを代表するアルバムの続編も出したいなー などなど2013年のクラリスディスクにご期待頂ければと思います!

まとめて更新した為、大変長い内容となってしまいましたが、ここまでお付き合い頂きましてありがとう御座いました。

そして、今年一年大変お世話になりました。また来年もどうぞよろしくお願い致します。


クラリスディスクP 吉川

22日(金)~23日(土)愛知への出張


通常の更新ご無沙汰しております。

新作が2作ぐらい同時に進んでおり、更新滞りました。
近々発表出来ると思います。

さて、本日は先日金曜~土曜日にかけて愛知県へクラリスディスクスタッフで出張に行って来ましたのでその時のお話です。

22日(金)
この日はサン電子さん本社へ次回作など諸々打ち合わせの為朝から車で愛知県江南市へ。
いろいろと移動しやすいので今回は車です。運転疲れたー

中央道をひたすら走り、小牧ICを降り迷うことなくサン電子さん本社近くに到着
写真

良い景色だー 名鉄線が見えて来ました。

本社前に到着!
写真(1)


そして打ち合わせに入る前に広報さんにお土産を頂きました!
「いっきおんらいん」特製タオルと時計です。
写真(2)

広報の原さんありがとう御座いました!大事にします。

帰る途中遠くにサン電子社長さん発見!流石に画像はありませんが、遠目からもオーラが!そして帰り口、エントランスにサン電子の商品やサービスを見たり触れることが出来るコーナーもありこちらも案内して頂きました。

総括すると、企業風土、環境、社員さんが素晴らしい方だらけ、などサン電子さんは自分が知っている会社の中でも飛びぬけて素晴らしい会社だと思います。

とても有意義な時間でした。
また強引にでも用事作って来よう!と思った初日です。

そうそう、この日は土用の丑の翌日!ということで、うなぎを食べ損ねたスタッフ3名は、リベンジを兼ねて
愛知のうなぎの名店 「うな豊」 http://unatoyo.com/へ!
30分ぐらい並び、「2段重ね丼」を注文。。。 はっきり行ってそこそこ美味しければOKだった訳です。
下調べした訳でもありませんし、大体出張先で美味しいものにあたった験しが無い、それが・・・

美味い! 美味すぎる!
写真(3)

この値段(2,100円)でこの味は東京ではありえない、否、日本中探しても無いんじゃない?
うなぎは、三島のうなよし、桜屋、都内だと野田岩、きくかわ、などなど、いろいろ行ったがここが一番!

CDレーベルのブログなのに、グルメ日記になっていますが(笑)ジャンル的に大人の日記だと思っているので
お勧め情報として書かせて頂きます。
もし、機会があれば、うな豊、是非一度行って見て下さい。CP高し!

23日(土)
この日は、RCDサンソフト発売記念サイゾー連載第2弾となる「ギミック」生みの親「「酒井 智巳」さんインタビューの為酒井さんの会社「エレクトリックシープ」さんへ移動。

前回「ギミック」作曲者の影山さんインタビューの続きになります。(今月末あたりに掲載予定)内容はこちらでは書きませんがサイゾーでの第2回連載(有田シュン作)をお待ち下さい。
非常に濃い内容になっております。
そして、酒井さんに知り合えて良かった この企画を実現させて良かったと思えた素晴らしい方です。
また機会があれば、ゆっくりお話を伺わせて頂きたいです。

酒井さん、本当にありがとう御座いました!

さて、「Rom Cassette Disc SUNSOFT」発売からそろそろ1ヶ月が経ちますが、クラリスディスクはインタビュー記事の他、ニコ生でのゲスト展開、そして本業となる新作リリース イベント準備などなど目まぐるしい日々が続いております。

基本的に当分の間、大人しくしている時は何か新企画や新作の準備をしていますので、楽しみに待っていて下さい。





Twitter
シティコネクションCH


クラリスショップ
新作続々登場! cs2

CDST-10049
そるだむ 開花宣言
オリジナルサウンドトラック


CUCL-10001~03
サイヴァリア リアセンブル
オリジナルサウンドトラック


CDST-10048
NAMCO ARCADE SOUND
DIGITAL COLLECTION Vol.2


CDST-10047
HuCARD Disc In TAITO Vol.1

CDST-10046
NAMCO ARCADE SOUND
DIGITAL COLLECTION Vol.1


その他商品はクラリスショップへ!
Bad Connection
記事検索